食べる 見る・遊ぶ

八戸・米の魅力伝える「コメクート」リニューアル ペボラ販売スペースも拡充

リニューアルした「コメクート」

リニューアルした「コメクート」

  •  
  •  

 米を中心とした食料品やキッチン雑貨を販売する「コメクート」(八戸市田向2)が3月1日、リニューアルオープンした。

 同店は八戸市民病院や郊外型店が立地する田向地区に2015年にオープン。店名の「コメクート」は「粋」の文字を分解すると「米」「九」「十」になることにちなむ。店も「米食うと笑顔になる。全てはお米から始まる」をコンセプトに、「笑顔になる店」を目指す。

[広告]

 「プチリニューアル」する今回は、食品スペースをこれまでよりも広く取り、コメクートの看板商品である米2合がペットボトルに入った「ペボラ」の販売スペースも広くした。

 ペボラは「日本のお米に、新しいカタチを創造する」をデザインコンセプトに、2016年にはグッドデザイン賞も受賞。米は50種類を超え、オリジナルメッセージラベル(1本10円~)を貼ることもでき、歓送迎会シーズンにはプレゼントとしての需要も多い。

 店長代理の掛端夏紀さんは「オープン以来大きな変化がなかったのでリニューアルした。これまで以上にお客さまに楽しんでもらえるとうれしい。これからもお米を軸に魅力ある商品を提供していきたい」と話す。

 営業時間は10時~20時30分。第1・第3水曜定休。

  • はてなブックマークに追加