食べる 見る・遊ぶ

八戸にカフェ&ロックバー「パトリ」 DJブースやギターも常設

カフェ&ロックバー「Patrie(パトリ)」

カフェ&ロックバー「Patrie(パトリ)」

  •  
  •  

 市内でロックパーティーを主催してきた女性オーナーが手掛けるカフェ&ロックバー「Patrie(パトリ)」が4月30日、いわとくパルコ(八戸市六日町)4階にオープンした。

 店名の「Patrie(パトリ)」はフランス語で「故郷・ふるさと」の意味を持つ。木目の床やテーブルと白地の壁の店内にはカウンター席6席、テーブル席11席を用意する。白い壁に合わせスピーカーも白にし、大きな窓と間接照明で昼と夜は表情を変えるよう工夫する。店内にはDJブースを常設し、自由にDJ用CDプレーヤー「CDJ」とギターを使用できる。

[広告]

 オーナーのささきあゆみさんは2017(平成29)年11月5日から、「Patrie(パトリ)」の名称で月ごとに場所を変え、八戸市内のラウンジやバーやライブハウスでDJイベント・ロックパーティーを主催。自ら店舗を持つことで、パーティーを定期的に開けるようになった。

 昼はランチ・コーヒーのカフェとして、夜はロックバーとして営業。主なメニューは「ラムレーズンフレンチトースト」(500円)、「スコーンと自家製ジャム」(400円)、メロンとソーダのカクテル「バスロマンス」(500円)、バスロマンスのフロート「ラブロマンス」(550円)などを用意する。ランチメニューはオムシチューが人気で、スパイシーなチャイやフレンチトーストやシナモントーストも喜ばれている。

 ささきさんは「音楽とカフェの融合を目指して、今までライブハウスやラウンジやバーでイベントを行ってきた。『自分のお店でできればいいな』と思い開店に至った。フードメニューではカレーも推している。ドリンクメニューも豊富に揃えていて昼から飲めるので気楽に遊びに来てほしい」と話す。

 営業時間は12時~24時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加