見る・遊ぶ

八戸の「アート&コミュニティ」が演劇・昔話を動画配信 字幕テロップも

動画収録の様子

動画収録の様子

  • 38

  •  

 文化施設の管理・運営や舞台技術などを手掛ける「アート&コミュニティ」(八戸市十三日町)が6月5日から、ユーチューブで演劇や昔話の動画を配信している。

 同社は2008(平成20)年に設立。指定管理業務や舞台照明音響技術、イベント企画製作、シェアオフィス業務などを行っている。しかし、指定管理業務では八戸市公会堂が改修工事中で使用できないことに加え、新型コロナウイルスの影響で、八戸市公民館、八戸市市南郷文化ホールもキャンセルが相次ぎ、7月末まで各施設は予約ゼロの状態となっている。

[広告]

 この状況に社員たちから「このままでは文化活動が弱まる、こちらから積極的に仕掛けよう」という声が上がり、ユーチューブに専用チャンネル「八戸市公会堂」を作り、自社事業公演などの配信を始めた。これまでに演劇公演は「海村」「約定の城」など5作品。同社が出版した「南部昔コ集Ⅰ・Ⅱ」から、八戸童話会の柾谷伸夫氏、佐々木和子氏の朗読も6月5日から配信している。動画には共通語のテロップも入れている。

 同社舞台技術部の松原貴弘さんは「新型コロナウイルスの影響で、施設の予約キャンセルが続く中、自分たちが関わっている文化、芸術を何らかの形で発信していこうと考え、ユーチューブで映像と音声を皆さんに伝えていこうと思い、始めた。配信は6月5日から開始している。目標は週に1本ぐらいずつ公開できればと考えている」と話す。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース