食べる

八戸に元ラーメン店主が営む喫茶店「オージ」 特製ラーメンも提供

来店を呼びかける店主の伊藤寛晃さん

来店を呼びかける店主の伊藤寛晃さん

  • 24

  •  

 自家製の焙煎(ばいせん)コーヒーやスイーツを提供する「喫茶・軽食オージ」(八戸市市川町)がオープンして、1月1日で7カ月がたつ。

ラーメン店を運営した経験を持つ伊藤さんが腕を振るう「特製ラーメン」

[広告]

 店主の伊藤寛晃さんは八戸市市川町出身。埼玉県内のラーメン店で2年間修業し、川口市でラーメン店「らーめん☆王子」を開業。8年間営業した。「ラーメン店を営業する中で、若い頃に苦手だったコーヒーのおいしさに目覚めた」と伊藤さん。ラーメン店を営む傍ら、コーヒーの焙煎方法などを独学で学んだ。ラーメン☆王子の閉店後、地元・八戸でラーメン店の開業を検討したが、コーヒーも提供しようと考え、喫茶店をオープンした。

 「ラーメン店で世話になった人たちに『王子』のニックネームで呼ばれていた」と伊藤さん。店名の「オージ」は以前営業していたラーメン店の名称「王子」から名付けた。

 自家焙煎コーヒーはいれたてを提供することにこだわる。「鮮度の高い豆を焙煎し、注文を受けてから豆をひく」と伊藤さん。コーヒーと軽食を提供する「モーニング」はトーストをセットにした「洋(よう)」と、いなりずしをセットにした「和(わ)」をそろえる。ラーメン店を営んだ経験を生かして作る「特製ラーメン」は煮干し、昆布、ホタテ、鶏ガラを使い、一晩かけてとったスープ、青森県産の食材などにこだわる。伊藤さんは「あっさりとした優しい味わい」と自信を見せる。

 13種類のスパイスをブレンドし、小麦粉を使わずに作った「特製カレー」、プリンやティラミスは伊藤さんの妻が腕を振るう。「気まぐれスイーツ」として和菓子を提供することも。伊藤さんは「マンデリンコーヒーと和菓子がとても合うので試してほしい」と笑顔を見せる。

 伊藤さんは「喫茶店に入ってコーヒーを飲むという文化が少なくなったと感じる。コーヒーを五感で楽しみながらゆっくりと過ごす時間を大切にしてほしい」と呼びかける。

 営業時間は8時~19時(金曜は10時30分~、日曜は18時まで)。月曜と第2・4金曜定休。

  • はてなブックマークに追加

八戸経済新聞VOTE

八戸経済新聞で知りたい情報は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース