見る・遊ぶ

八戸でブロガーらが写真展-39人が出品、93点展示

会場にはジャンルもサイズもさまざまな多彩な作品が並ぶ。

会場にはジャンルもサイズもさまざまな多彩な作品が並ぶ。

  •  

 八戸市のポータルミュージアム「はっち」(同市三日町)2階ギャラリー2で現在、ブロガーなどによる写真展「なんだりかんだり写真展【改】」が開催されている。

 同展の発起人は、ブログ「進め!八戸せんべい汁推進委員会」を主宰する「なかちっぱ」さん。ブログやSNSを通じて出展を呼び掛け、39人の作品が集まった。

[広告]

 同展のタイトルにある「なんだりかんだり」は、方言で「なんでもかんでも」を意味する。会場にはタイトル通り、さまざまなジャンルの作品93点、256枚がズラリと並ぶ。

 なかちっぱさんは「日頃ネットを通じてコミュニケーションをとっている人たちが、出展を通じて、出展者同士、来場者とのリアルなコミュニケーションの場になってもらえれば」と開催の動機を話す。

 「この写真展は、作品というよりは、日常生活の一コマを切り取ったようなものが多い。肩の力を抜いてリラックスして見てほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は9時~20時(最終日は17時まで)。入場無料。12月8日まで。