天気予報

17

7

みん経トピックス

八戸で演劇「八戸八犬伝」八戸でシニア向け交流会

八戸「フルーツパーラーおだわら」が改装 販売・カフェエリアを拡張

八戸「フルーツパーラーおだわら」が改装 販売・カフェエリアを拡張

「フルーツパーラーおだわら」の店内

写真を拡大 地図を拡大

 八戸市中心街の果物とスイーツの専門店「フルーツパーラーおだわら」(八戸市内丸3、TEL 0178-22-7071)が6月16日、リニューアルオープンする。

季節限定メニュー「八戸さちのかかき氷」

 同店の母体となる「小田原青果」は1965(昭和40)年創業。「果物の魅力をより気軽に楽しんでもらいたい」という思いから1995年8月、同店を開いた。これまで同店では配送・販売・カフェの3部門を運営してきた。今回のリニューアルで販売部門を沼館2丁目に移転、店内の販売・カフェのエリアを拡張し、席数は18席から26席となった。販売陳列場所も拡大し贈答用セットも売り場もリニューアルした。

 主なパフェメニューはフルーツミックスパフェ(994円)、スペシャルフルーツミックスパフェ(1512円)。ランチメニューはフルーツサンドランチ(842円)、サンドイッチランチ(842円)、フレンチトーストランチ(907円)など(ランチはコーヒー・紅茶・ミルク付き)。

 夏季限定(8月末ごろまで)スイーツとして八戸産のイチゴ「さちのか」を凍らせて削り出した「八戸さちのかかき氷」(864円)も提供する。同かき氷には1杯に25粒のイチゴを使う。

 同店を経営する萬鱗(ばんりん、柏崎1)の大沼慎市さんは「店内の客席や販売エリアが広くなったことからより充実した商品とサービスを提供していきたい。木の質感を生かした空間でおいしいスイーツや季節のフルーツを楽しんでほしい」と来店を呼び掛ける。「今後はカフェスペースを活用してケーキ作り教室なども開いていきたい」とも。

 営業時間は9時~19時(日曜は17時45分まで)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング