見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

八戸で「スポーツ」「はっち」「芸能」テーマに市民クロストーク 周年企画で

クロストークの様子

クロストークの様子

  •  
  •  

 八戸市のラジオ放送局「ビーエフエム」(八戸市八日町)と八戸ポータルミュージアム「はっち」(三日町)は、それぞれの周年を記念したトークイベント「BeFM開局20周年・はっち開館8周年記念 市民クロストーク ラジオで語ろう!Be Together」を4月から6月まで毎月開催している。

クロストークの様子2

 ビーエフエムは1999年1月1日に開局。八戸市民の情報発信の場として、市民が参加できるラジオ番組を放送してきた。「はっち」は2011年2月11日に開館。活動の成果を発表する場として多くの市民に活用されてきた。

[広告]

 両者が周年を迎えるのに合わせてビーエフエムが企画し、八戸市民とビーエフエムのしゃべり手が語り合う公開収録イベント。4月から6月まで月に1回、テーマを変えて開催する。

 4月27日に開催した第1回は「スポーツを楽しもう」と題し、1部では朝野球や素人アイスホッケー、バスケットボールのナイターリーグなどスポーツを楽しむ人たちが「するスポーツ」の魅力を紹介。2部では女子アイスホッケーの「八戸レッズ」、「八戸フロアボールクラブ」、少年野球の「八戸ダイヤモンドキッズ」の選手や事務局担当者が登壇。ビーエフエムのパーソナリティの小泉亮さんが聞き手を務め、スポーツの魅力や、活動の紹介、今後の目標などを語り合った。

 青森県素人アイスホッケー「北辰工業チーム」の中西敦一(しゅんいち)さんは「朝野球、ナイターバスケ、素人アイスホッケーと、種目は違っても皆考えていることは同じなのだと分かった。八戸でこれだけスポーツに熱を持って取り組んでいる人がいるのだと感じ、勉強になった。地域にプロの選手がたくさんいるし、自分が知らない競技でも手を伸ばせばすぐにやることができるので、違うスポーツにもチャレンジして人とのつながりを広げていきたい」と話す。

 第1回の模様は、5月9日10時30分から、ビーエフエムで放送。再放送は5月12日21時から。

 第2回は5月25日、「はっちの仲間たち」と題し、はっちの裏方スタッフや関係者が出演。第3回は6月16日「芸能」をテーマに、市内で活動する芸能・演芸関係者が出演する予定。共に会場=はっち1階はっち広場、13時~。入場無料、申し込み不要。問い合わせはビーエフエム(TEL 0178-72-3939)。

  • はてなブックマークに追加