3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

八戸のハンドメード雑貨店「カプリース」が移転 ドール服や小物制作販売

「CAPRiCE(カプリース)」店内

「CAPRiCE(カプリース)」店内

  •  
  •  

 ハンドメード雑貨店「CAPRiCE(カプリース)」が1月11日、「はっち」(八戸市三日町)から「いわとくパルコ」本館(六日町)に移転オープンした。

 店主のめぐさんは子どもの頃から雑貨を作ることが好きで、リカちゃん人形の洋服をミシンで作るなどしていた。雑貨店などでハンドメード雑貨を委託販売したり、自身でイベントを企画したりするなど、徐々に出店を進めてきた。

[広告]

 「はっち」グランドオープンの際、初の店として本格的に販売を始めた。その後もいろいろ場所で店を出していたというが、5年ほど前に体調を崩し、いったん全ての営業を休止。2019年春から「はっち」4階に店を復活。昨年はっちから退店の際、いわとくビルから空きスペースでの出店に誘われ、移転オープンを決意した。

 店名の「カプリース」は、「気まぐれな」の意味。「最初は一人ではなくさまざまな分野の人たち数人のグループで始め、皆それぞれ気まぐれに楽しくできればという思いを込めた」と言う。

 新店にはハンドメードのドール服、財布、バッグなどが並ぶ。特にハンドメードのドール服は珍しく、ブライス人形とリカちゃん人形の洋服は同店ならではの商品となっている。委託商品も多数そろえ、多ジャンルの個性的な商品を取り扱っている。

 めぐさんは「中心街の通り道でもあるので、通る人たちにお店のことを知ってもらい、ふらっと寄りやすいようなお店にしていきたい。ぜひ気軽に立ち寄ってほしい」と話す。

 営業時間は12時~18時。月曜・火曜定休。

  • はてなブックマークに追加