学ぶ・知る

八戸市白銀小学校の児童30人が八戸三社大祭山車体験 コロナ禍でも思い出を

白銀小学校児童が山車体験

白銀小学校児童が山車体験

  • 49

  •  

 八戸市立白銀小学校(八戸市白銀町)の6年生の児童30人が「淀(よど)の館」(沼館)で10月13日、八戸三社大祭の山車体験を行った。

 同小学校ではコロナ禍の影響で本年度の6年生の修学旅行が中止となった。八戸三社大祭も規模縮小ということで、学校側から「何か思い出となることがしてあげたい」との思いや「八戸三社大祭の山車に触れる機会の少ない子どもたちに山車体験させたい」との思いが重なり今回の体験学習が行われた。

[広告]

 当日は爽やかな秋晴れの天候に恵まれ、フットサルコート前駐車場を閉鎖して、実際に子どもたちが500メートルほどの距離を、山車を引いて歩いた。山車の周囲を巡り、せり上がった山車の前で記念撮影も行った。山車小屋で山車の構造・山車組の歴史を学んだ後、チームに別れ、山車に乗り込み太鼓をたたいてみたり、それぞれ好きな角度から山車を写生したりしたほか、発泡スチロールの薄い板をヒートカッターで自分のイニシャルの形に切り取り、オリジナルのうちわ製作などを体験した。

 参加した児童からは「山車を引いてみたら、重くてびっくりしたけど動き出したら軽くなった」「山車組に参加を誘われたら参加してみたい」「イニシャルを切り出すのがちょっと難しかった」「大太鼓はリズムが分からなかったけど力を入れなくとも大きい音が出るのがびっくりした」などの感想が聞かれた。

 淀山車組責任者の大野素敬さんは「今年は修学旅行が無く、先生たちの方からお祭りを見たい、白銀地区と言うことでほとんどの子どもたちがお祭りに参加したことが無いということで、実際に重い山車を引く体験や山車制作の体験をしてもらった。来年はぜひみんなで元気よく山車を引っ張れるように山車づくりをしていきたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home