見る・遊ぶ

八戸に犬の預かり施設「ドッグラック ポラハ」 100坪の犬庭も

「ドッグラン ポラハ」

「ドッグラン ポラハ」

  • 242

  •  

 屋外に犬庭を備えた犬の預かり施設「ドッグラック ポラハ」(八戸市豊崎)が6月にオープンし3カ月となった。

 100坪越程度の広さの芝生の犬庭でドッグランも楽しめる同店。名称の「ポラハ」は代表の森琢人さんが飼っていた3匹の犬の名前「ポップ」「ラン丸」「ハク」の頭文字を取ったもの。

[広告]

 森さんは12年前に犬を飼っていて、飼い犬が病気になったとき、「仕事中に愛犬になにかあったら」と思うこともあったが頼る所がなかなか見つからなかった。自分と同じ思いをしている人の役に立ちたいと思い、定年退職後、それまで犬に教えてもらったことを生かし恩返しをしたいと思い開業に至ったという。

 ポラハ看板犬のベックは保護犬で、家に来た当初は他の犬にかみつく癖があった。ポップやラン丸たちにもしつけをしていたこともあり、ベックにも時間をかけてしつけして信頼関係を築き、「今ではとても大人しく犬にも人間にも穏やかな看板犬になった」と話す。

 犬の預かりは日帰りプランと泊まりプランを用意する。しつけは基本的なお手やおすわりのほか、無駄吠え・かみ癖・威嚇などにも対応。泊り掛けでしつけを受けることも可。屋外のドッグランのほかに、広い室内スペースもある。狭いケージに入れることはなく、サークルに入りっぱなしということもなく、広いスペースで伸び伸びと過ごせるという。さまざまな犬同士と触れ合うことができ、相性の悪い犬同士が鉢合わせになっても時間帯をずらすなどしストレスのない環境をつくるよう工夫している。療養中や高齢の犬にも対応する。

 森さんは「犬の交流会も開催予定。犬同士の交流、飼い主さん同士の交流も楽しんでほしい。ほかにも絵、踊り、音楽の発表の場にもしていきたい。興味のある方は気軽に立ち寄っていただければ」と話す。

 営業時間は8時~18時。利用料金は、日帰り=1,500円~2,500円(犬種、大きさによる)、泊まり=2,500円~4,500円。ドッグランの利用は1回500円。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home