食べる

八戸・「大安食堂」が新商品「しおてば てば次郎」 人気の味をレトルト化

「大安食堂」の「しおてば てば次郎」

「大安食堂」の「しおてば てば次郎」

  • 24

  •  

 館鼻朝市で行列ができる唐揚げ店「元祖しおてば本舗 大安食堂」(八戸市新湊3)がレトルト商品「しおてば てば次郎」を3月11日から発売している。

 「しおてば」を筆頭に人気商品の多い同店。揚げ立てではなくともおいしい商品の開発の思いついたのは約10年前。試行錯誤を繰り返してのリリースとなり、東日本大震災で開発が途絶えたこともあり、新しい出発の意味を込めて発売日を3月11日とした。

[広告]

 新しい商品の「てば次郎」(150円)は地元の食品加工会社「マルヌシ」(白銀2)と提携しレトルト化。衣を薄く仕上げ、肉のおいしさをしっかりと味わえるように工夫する。原材料は地元産の鶏手羽先・食塩・こしょう・揚げ油・調味料のみを使う。

 大安食堂の荒澤忠明さんは「遠くのご家族やお友達に朝市の味を送るなど、24時間好きな時に食べられる。そのままでもおいしく食べられるが、湯せんなどで温めるとよりおいしく食べられる」と話す。「まず仏壇にあげ、ご先祖さまにお供えしてから食べるとよりおいしく食べられる」とちゃめっ気も。

 大安食堂店内と館鼻朝市会場、イベントなどの出店で販売する。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース