3密を避けて新しい生活様式へ!

青森県階上町で「全日本自転車競技選手権大会ロード・レース」 参加選手320人

大会をPRする上野みなみ選手

大会をPRする上野みなみ選手

  • 22

  •  

 青森県階上町の階上岳登山口(階上町鳥屋部)周辺周回コースで6月23日~25日、「全日本自転車競技選手権大会ロード・レース」が開かれる。

 同大会は自転車ロードレースで国内最高峰の大会。参加選手総数は約320人。23日は選手が1人ずつ1分ごとにスタートし1周13キロメートルのコースを1~3周する個人タイムトライアル、24日と25日には1周14キロメートルのコースを最大15周する個人ロードレースが行われる。

[広告]

 青森県関係では八戸市出身の上野みなみ選手(シエルブルー鹿屋)や男子ジュニアの部の山本真寛選手(八戸工大一高~早稲田大学)、女子エリートの部に菅原朱音選手(八戸学院大学)が出場する。

 大会を前に21日には、上野選手が八戸のコミュニティー放送局「BeFM」を訪れ、自身の意気込みと大会をPRした。上野選手は1991年5月18日生まれの26歳。八戸工業高校から鹿屋体育大学、同大学院と進み、2015年には世界選手権自転車競技大会ポイントレースで日本女子選手初となる2位に輝くなど国内外の大会で活躍する。今大会には個人タイムトライアルと個人ロードレースに出場する。

 上野選手は「レースで地元に帰ってきたこと、地元でこのような大きな大会が開かれることがとてもうれしい」と地元開催の喜びを話す。大会には「期待も感じるが、まずはとても楽しみ。ロードレースではまだ表彰台に立ったことがないので表彰台を目指したい」と意気込む。「日本一の選手を決める大会で見ていても楽しいと思う。自転車競技を知る良い機会でもあるので直接足を運び、地元選手を応援してほしい」と大会をPRした。

 大会開始時刻は各日8時から。観覧無料。大会の開催に伴い会場周辺では交通規制が行われる。23日=7時30分~14時45分、24日=7時30分~16時45分(12時~12時30分解除)、25日=7時30分~14時。いずれも規制終了時刻は前後する場合がある。階上町役場(道仏)から会場まで随時シャトルバスも運行する。

  • はてなブックマークに追加