八戸で「ことだまメッセージアート」作品展 対面でのワークショップも

作品展の様子

作品展の様子

  •  

 八戸市の百貨店「中合 三春屋店」(八戸市十三日町)で5月7日から、「たにもと あゆみ ことだまメッセージアート・シトエ作品展」が開かれている。

会場の様子

 作家のたにもとあゆみさんが2年間書きためていた作品を展示する同展。たにもとさんが個展を開くのは今回が初めて。たにもとさんはカラーセラピストやインナーチャイルドセラピストとしての活動中に制作した言葉と絵を組み合わせた「言霊メッセージ」が相談者から評判を呼び、ことだまメッセージアーティストとして活動の幅を広げる。

[広告]

 作品展では手のひらサイズの作品からフレームに入った大きな作品まで、カラフルで優しい色使いの作品が並ぶ。期間中の12時~15時には、たにもとさんのワークショップも行われその場で「ことだまメッセージ」を書き上げる(1枚1,000円)。

 たにもとさんは「今回は今まで書きためていた作品とインスピレーションで書き上げたクジラの絵などを展示している。その場でお客さんと対面して書くワークショップもやっているので『ことだまメッセージアート』を体感してほしい」と話す。

 開催時間は10時~19時(12日は16時まで)。入場無料。6月12日まで。