見る・遊ぶ

八戸市でジャズビッグバンド合同コンサート 八戸、弘前から5団体が出演

合同コンサートに向け練習にも熱

合同コンサートに向け練習にも熱

  •  
  •  

 八戸市や弘前市のジャズビッグバンド5組が出演するコンサート「ビッグバンドフェスティバル『ジャズマーケット・イン・八戸』」が11月10日、八戸市公会堂文化ホール(八戸市内丸)で開かれる。

 合同コンサートは青森県ビッグバンド協議会が主催。同協会は青森県内で活動するジャズビッグバンドの交流とジャズ音楽の普及促進を目的に2015(平成27)年に発足。八戸市5団体、青森市2団体、弘前市1団体が加盟し、これまで合同のコンサートを4回開催してきた。八戸市での開催は今回で2回目。イベント名の「ジャズマーケット」は、ウインドーショッピングを楽しむように気軽にジャズを聴いてほしいという願いから名付け、自由席・出入り自由としている。

[広告]

 合同コンサートには、八戸市から「ニューサハラクラブバンド」「ポーラスタービッグバンド」「ワイルドウィンドビッグバンド」「スイングベリージャズオーケストラ」、弘前市から「スイングハットジャズオーケストラが」出演。全て15人前後で構成する「ビッグバンド」編成の団体だが、定番曲を中心に演奏するグループ、アップテンポのラテンを中心に演奏するグループ、オリジナルのアレンジ曲を演奏するグループなど、個性豊かな5つのステージを展開する。20代から70代まで、総勢約100人が出演する。

 参加団体のうち、「ワイルドウィンドビッグバンド」(八戸市)では、コンサートに向けて毎週木曜に練習を行っている。10月10日に行われた練習では、リズムの取り方などを入念に確認し、本番に備えていた。当日は、ラテン系の曲を中心に構成し、ボーカルが登場する場面もあるという。「スイングハットジャズオーケストラ」と「ニューサハラクラブバンド」はジャズの定番曲を中心に、「ポーラスタービッグバンド」や「スウィングベリージャズオーケストラは」オリジナルのアレンジ曲や歌謡曲なども演奏する予定。

 同協会八戸支部広報担当のトミーさんは「青森県内から、異なる音楽性を持った個性豊かな5つのバンドが出演する。気軽に遊びに来てほしい」と来場を呼び掛ける。

 開演は13時30分。入場料は一般=2,000円、高校生以下無料。チケットは八戸市公会堂(内丸)、ラピア(江陽)、三春屋(十三日町)で取り扱う。

  • はてなブックマークに追加