見る・遊ぶ

東北新幹線全線開業10周年記念しデジタルスタンプラリー 東北地方24駅で

八戸駅デジタルスタンプ (c)さくまあきら (c)KonamiDigital Entertainment

八戸駅デジタルスタンプ (c)さくまあきら (c)KonamiDigital Entertainment

  • 54

  •  

 JR東日本が東北新幹線全線開業12月4日に10周年を迎えることを記念して、11月19日に発売されたゲームソフト「桃太郎電鉄」シリーズの最新作とコラボしたデジタルスタンプラリーを20日から行う。

 東北新幹線は2002(平成14)年に八戸駅まで延伸、2010(平成22)年12月に八戸駅~青森駅間も開通し待望の全線開通となった。

[広告]

 「桃太郎電鉄」シリーズは1988(昭和63)年にファミリーコンピュータ向けに1作目が登場。プレーヤーが日本全国を巡って物件を買い集め、最初に決めた年数が終わった時に一番多く資産を持っているプレーヤーが勝利となるゲームで、20年以上にわたり幅広い年代に楽しまれているボードゲーム。

 スタンプラリーの名称は「JR東日本x桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~スタンプラリーin 東北」。「接触」と「密集」を避けたデジタルスタンプラリーで、参加するには特設サイトに記載されているバーコードを読み取り「参加登録ページ」にアクセスし、スマートフォン内にマイページを開設する。

 八戸駅をはじめ東北6県24駅に設置されているスタンプパネルに記載された二次元バーコードを読み込むとデジタルスタンプを獲得できたり、各駅オリジナルのゴールシーン動画を楽しめるARフォトフレームを手に入れたりできる。集めたスタンプの数によって賞品がもらえる特典も用意されていて全24駅制覇対象者から抽選で100人に「オリジナルパスケース」や「オリジナルミニポスター」に加え、びゅう商品券1万円分をプレゼントする。

 期間中に開催する特別企画について12月4日~13日の期間限定で、八戸駅・七戸十和田駅・新青森駅に「東北新幹線全線開業10周年記念特別スタンプ」が出現するほか、2021年1月から2月にかけてスタンプパネル設置駅のいずれかで期間限定のシークレットスタンプがもらえる企画も開催する。

 JR東日本盛岡支社営業部販売促進課の佐々木悠佑さんは「スタンプラリーへの参加を通して東北エリアの魅力を再発見する旅行に出かけるきっかけになれば」と参加を呼び掛ける。

 スタンプラリーの実施期間は2021年2月28日まで。

  • はてなブックマークに追加