学ぶ・知る

八戸・東北歴史文化講座で「吉田初三郎と八戸」 街かどミュージアム小倉館長を講師に

「吉田初三郎と八戸」を講演した小倉学館長

「吉田初三郎と八戸」を講演した小倉学館長

  • 59

  •  

 東北観光推進機構とJR東日本が共同で開催する東北歴史文化講座でオンライン講座「鳥瞰図絵師・吉田初三郎と八戸」が1月に公開され、八戸クリニック「街かどミュージアム」(八戸市柏崎1)館長の小倉学さんが講師を務めている。

 「東北歴史文化講座」は2018(平成30)年から開講。第8回講演として、同館館長・小倉学さんが吉田初三郎について講演を行った。今回はコロナ禍ということでオンライン講座となる。

[広告]

 小倉さんが講師を務めたのは、2019年にJR東日本の新幹線車内誌トランヴェールから「街かどミュージアム」が取材を受けたのがきっかけ。

 小倉さんの講演は3部構成で、「商業画家の顔と地域プロデューサーとしての顔」「ここが凄いよ、初三郎!超絶技巧を徹底解説」「今でも使える旅行案内図・鳥瞰図の楽しみ方」をそれぞれ30分程度で解説している。

 現在小倉さんは、八戸市博物館・是川縄文館などの各施設と連携し、縄文時代から現代に至るまでの年表サイトを作成中。それぞれの時代の出来事に関連する収蔵物等へのリンクも貼られ、日本史と八戸史を並行して学べるサイトになる予定。本年度中に作成し、4月には公開を予定する。

 小倉さんは「現在、東北歴史文化講座で『鳥瞰図絵師・吉田初三郎と八戸』オンライン講座で行っている。吉田初三郎の代表作を紹介しつつ、さらに初三郎の画家以外の顔、歌川広重等の浮世絵の鳥観図との比較、初三郎の屏風絵や八戸地方の鳥観図の描かれ方を紹介している。ぜひ、閲覧してほしい」と話す。

 オンライン講座は初めに「受講登録」(登録無料)が必要だが、以降はいつでも何度でも視聴できる。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース