見る・遊ぶ

八戸の酒蔵で日本酒と落語・音楽を楽しむイベント 古屋敷裕大さんが企画

「サケとオンナはにごうまで。」をPRする古屋敷さん

「サケとオンナはにごうまで。」をPRする古屋敷さん

  • 83

  •  

 日本酒と落語・音楽を楽しむイベント「サケとオンナはにごうまで。VOL.5」が10月22日・23日、八戸酒類「八鶴」の酒蔵(八戸市八日町)で開かれる。

[広告]

 階上町在住のシンガー・ソングライター古屋敷裕大さんが企画。ステージで古今亭俊菊さんによる落語、新宿を中心に活動する浜ユウスケさんによる歌謡曲、アコースティックユニット「19」などのプロデューサーを務めた茂村泰彦さんによるギター弾き語りを行う。八戸酒類が製造する「八鶴」など蔵出しの日本酒をはじめとした飲食の提供も予定する。

 古屋敷さんのステージでは、オリジナル曲を中心にギター弾き語りを予定。今年7月に東京都内でレコーディングした新曲を初披露する。新曲は茂村さんがプロデュースした。

 イベントは今回で5回目。古屋敷さんは「今年も無事に開催できる。おなじみのメンバーと一緒に盛り上がる、楽しく和気あいあいとしたイベントになると思う。遊びに来てほしい」と呼びかける。

 開演時間は22日=18時、23日=16時30分。料金は前売り=3,500円、当日=4,000円、2日通し券=6,000円。定員は各日40人。チケットは八戸ポータルミュージアムはっち(三日町)1階で取り扱う。

  • はてなブックマークに追加

八戸経済新聞VOTE

八戸経済新聞で知りたい情報は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース