買う 暮らす・働く

八戸で「まちなか女子目線。委員会」発足-若い女性の目線で情報を発信

八戸中心街のショップで取材をする「まちなか女子目線。委員会」のメンバー

八戸中心街のショップで取材をする「まちなか女子目線。委員会」のメンバー

  • 0

  •  

 八戸市中心街の魅力を若い女性の目線で再発見するプロジェクト「まちなか女子目線。委員会」(略称=「まち女目線。」)が発足した。

 「まち女目線。」のメンバーは、学生・OL・主婦・モデルクラブ「アンオリーブ。」(八戸市北白山台)に所属するモデルなどの20代の女性15人。昨年から行われている、おしゃれをして中心街を練り歩くイベント「モヨッテウォーク」に参加していたメンバーを中心に構成する。5月中旬に名称を決定し、6月16日の今年度最初のモヨッテウォークから本格的に活動を開始する。

[広告]

 八戸中心街には小さな路地が多く、転勤や進学を機に初めて八戸を訪れた人にはわかりくいショップも多く、地元の人でも気がつきにくい場所や入りにくいショップも多い。「まち女目線。」では、若い女性ならではの視点から、今後取材やモヨッテウォークを通じて、中心街の魅力的なショップなどを紹介するマップ作成、まちなかツアー、ショップなどと連携したファッションショーなどを行っていく予定。

 「まち女目線。」のメンバー瑠里(るり)さんは「取材を通じて、一人でも友達とでも楽しめるお店を新たに発見したので、お友達にも紹介してあげたいし、このプロジェクトを通じて多くの人に伝えていきたい」と意気込みを話す。

 「まち女目線。」の事務局を務める八戸ポータルミュージアム「はっち」コーディネーターの今川さんは「若い女性が等身大の視点で意見を言い、発信していける場にしたい。他の若い女の子たちの刺激になれば」と期待を寄せる。「メンバーはまだまだ募集していますので、中心街にあるフライヤーを見て問い合わせいただければ」とも。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース