食べる

八戸でカステラの解体ショー 和菓子の日にちなみ

カステラを解体する戸田菓子舗店主の戸田和博さん

カステラを解体する戸田菓子舗店主の戸田和博さん

  •  

 八戸の菓子製造・販売業の戸田菓子舗(八戸市吹上、TEL 0178-22-0593)で6月16日、カステラの解体ショーが行われた。

店内は終日買い物客でにぎわった

 同店では10年ほど前から和菓子の日である6月16日に同企画を実施。マグロの解体ショーのように集客ができるイベントを実施しようと考え、同店で一番大きい商品がカステラだったという。

[広告]

 イベントでは2時間ごとに抹茶・コーヒー・メープル・チョコ味などのカステラを焼き上げ、焼き上がったそばからカステラを切り分け販売した。

 カステラは通常1日置いてしっとりしたところを切り分けるが、この日は焼きたてのカステラを食べられる年に1度の貴重な機会。通常より2割引で購入できるということもあり、各回とも瞬時に売り切れた。

 店主の戸田和博さんは「出来たてで熱々フワフワのカステラを食べる機会は少ないと思う。年に1度の貴重な機会。予約も受けて付けているので活用してほしい」と話す。

 切り分けたカステラで余る「みみ」の部分は来店客に試食用に無料で提供し、それを目当てに毎年来店する人も多く、終日買い物客でにぎわった。

営業時間は8時~18時30分(祝日は17時まで)。日曜定休。