八戸に不登校生徒支援カフェ 読書や勉強の居場所を提供

「金曜カフェ」のスペース

「金曜カフェ」のスペース

  •  
  •  

 不登校の児童・生徒たちを支援する八戸市の市民団体「Open Base」が、八戸ニューポート(八戸市十三日町)内イベントスペースで生徒たちの居場所を提供する「金曜カフェ」という取り組みを始めた。

 同団体は不登校の生徒たちが社会と関わるきっかけを提供しようと、気軽に立ち寄ることができる居場所づくりの活動に取り組んでいる。これまでは英会話教室カンガルークラブ(尻内町)を会場に小学生を対象に開いてきた。中高生にも居場所を提供しようと今回の取り組みにつながった。

[広告]

 「金曜カフェ」会場は時間内はいつでも出入りすることができ、読書や勉強など、目的を問わず自由に利用することができる。参加希望者は毎回参加する必要はなく、気が向いたら足を運ぶだけでいい。今後はオンラインを活用した有料の学習サポートなども予定する。同団体では運営に協力するボランティアも募集している。

 金曜カフェを主宰するNaoさんは「図書館や飲食店などでは人目が気になるという子どもたちが気軽に立ち寄れる場所を提供した。毎週金曜日に開催しているので、気が向いたら気軽に足を運んでほしい」と話す。

 開催は金曜の9時30分~12時。3月(春休み前)まで無料。

  • はてなブックマークに追加