食べる

八戸中心街のレストラン「ビストロSukegawa」、「はっち」に移転

「ビストロSukegawa」の店内

「ビストロSukegawa」の店内

  •  

 八戸市中心街のビストロレストラン「ビストロSuekgawa」(TEL 0178-45-0557)が9月12日、アクシスビル(八戸市三日町)から八戸ポータルミュージアム「はっち」(同)1階に移転オープンした。

 店主の助川常夫さんは東京都内のホテルやレストランでシェフのキャリアを積んだ後、33歳で八戸市に移り住み、ホテルやレストランの料理長を務め、60歳でアクシスビルに「ビストロSukegawa」を開店。アクシスビルで6年間営業を続け、「今までとは違うオープンな場所で営業することで、多くの人に気軽に地元の食材とフレンチを楽しんでほしい」との思いから移転を決意した。

[広告]

 新店は壁面がガラス張りの開放感あふれる店内に20席を用意する。アクシスビル時代はランチタイムとディナータイムのみだったが、新店ではティータイムも設定する。ケーキやコーヒーのほか、ワインとパテまたはテリーヌのセット(700円~1,200円)を提供。

 ランチは1,200円(メインディッシュとライス、サラダと季節のもの4品のワンプレートとスープとコーヒー)のセットと2,600円のコースを提供。ディナーは1,500円と5,000円のコースを用意する。

 助川さんは「今までは『隠れ家』的な店だったが、オープンな店にして、今までの常連さんも初めての方も、お一人さまでも、どなたでも気軽に入れる店にしたい。一皿一皿丁寧に食材と真剣に向き合い作る八戸フレンチをぜひ召し上がっていただければ。記念日やお祝いのディナーの予約もお待ちしている」と話す。

 営業時間は11時~21時(ランチタイム=11時30分~14時、ティータイム=15時~17時、ディナータイム=18時~21時)。月曜定休(月曜が祝日の場合は翌日)。