八戸市中心街に「八戸ブックセンター」 読書会・執筆スペースも

多くの来店客でにぎわった「八戸ブックセンター」オープン初日

多くの来店客でにぎわった「八戸ブックセンター」オープン初日

  •  
  •  

 八戸市中心街に12月4日、「八戸ブックセンター」(八戸市六日町)がオープンした。

 同センターは八戸市が提唱する「本のまち八戸」の拠点として位置づけ、書籍販売などのほか、作品を執筆する「かんづめブース」、読書会開催に対応する「読書会ルーム」、閲覧用ハンモックなどを備える。地域の書店や図書館、市民活動と連携し本に関するフェアやイベントも行う。

[広告]

 館内には約8000冊の本を備え、「知へのいざない」「人生について」「本のまち八戸」などテーマごとに陳列する。原則としてコミック、雑誌、アダルトジャンルの書籍は扱わない。

 カフェカウンターも備え、アルコール類の販売も行う。ドリンクメニューはホットコーヒー、アイスコーヒー(450円)、倉石リンゴジュース、三島サイダー(400円)、奥入瀬ビール(800円)、下北ワイン(700円)、ビール(650円)など。

 オープン初日は、家族連れを中心に大勢の市民が来店。館内で販売するドリンクを片手に本を読んだり、海外の絵本や図鑑に夢中で見入る子どもたちの姿が見られた。

 所長の音喜多信嗣さんは「たくさんの方にいらしていただきうれしく思う。本を読む人や書く人を増やす、本でまちを盛り上げることをコンセプトに、今後もさまざまな企画を行っていきたい。本の魅力が感じられる施設。ぜひ足を運んでいただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~20時。火曜定休(火曜祝日の場合は翌日休み)

  • はてなブックマークに追加