天気予報

27

23

みん経トピックス

八戸で魔法使いの創作人形展八戸の風景テーマに企画展

十和田市中心街にカフェ新店 和のハーブメニュー主力に、ショップやスクールも

十和田市中心街にカフェ新店 和のハーブメニュー主力に、ショップやスクールも

オリジナル和紅茶を手にする沼内美加子さん

写真を拡大 地図を拡大

 十和田市中心部に「スクール&カフェ友実家(ともみか)」(同市西三番町1、TEL 0176-23-6300)がオープンして1カ月がたった。

 「学び・楽しみ・カフェ」がコンセプトの同店。元レストランの建物を利用した2階建てで、1階の広さは約30坪、席数は22席。カフェとショップスペースを備える。2階は各種体験教室スペースとなっている。外テラス(ペット可)の壁画は同市在住のイラストレーター安斉将さんが手掛けた。

 代表の佐伯知美さんは高校の美術教諭免許などを持ち、絵画教室やソープカービングなどの講師として活動している。副代表の沼内美加子さんはアロマやリフレクソロジーなど複数の資格を持ち、自宅や公民館などで講座を開いていた。3年前、青森県主催の起業セミナーで出会った2人は意気投合し、合同でワークショップを開催しながらカフェ開店の準備を進めたという。

 ランチメニューは、「和ハーブのグリーンカレー」「和ハーブのジェノベーゼ」「豚パイカと干し野菜のナムルプレート」(以上950円、プチデザート・ドリンク付き)、ランチタイム終了後は和風スイーツ、オリジナル和紅茶、ハーブティーなどを提供する。フードメニュー・ドリンクメニュー共に国産ハーブをふんだんに使う。

 スクール部門は佐伯さんらによる定期講座のほか、県内で活動する外部講師を招いての特別講座も随時開催する。絵画やアロマクラフト制作、ヨガ、紅茶など多彩な内容となっている。

 沼内さんは「我が家で過ごすようなくつろいだ空間で、世代に関係なく気軽に学ぶ場を提供できれば。ショップをのぞくだけでもオーケー」と来店を呼び掛ける。来春からはシニア層を対象に、スクール・ランチ・送迎の一体型サービス運用を予定しているという。「中心街に元気なシニアの居場所を作りたい」と意気込む。

 営業時間は10時~18時。ランチタイムは11時~14時30分。月曜定休。

 

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング