見る・遊ぶ 学ぶ・知る

Bリーグ「青森ワッツ」コーチ・選手らが八戸市庁を表敬訪問 地元開催に意気込み

「青森ワッツ」コーチ・選手が表敬訪問

「青森ワッツ」コーチ・選手が表敬訪問

  •  
  •  

 バスケットボールチーム青森ワッツが八戸市東体育館で11月17日・18日にBリーグ公式戦を行うのを前に同13日、八戸市庁を表敬訪問した。

 八戸市の田名部政一副市長を訪問したのは北谷稔行アソシエイトヘッドコーチと門馬圭二郎キャプテン、八戸市出身の野里惇貴選手と橋本龍弥選手ら。ワッツはここまで6勝9敗ながら3連勝中と調子を上げており、B2東地区6チーム中4位につけている。

[広告]

 懇談で門馬選手は「連勝はできているが試合内容にはまだ満足できていない。まだ負け越しているので早く星を五分に戻して、チーム力を高めながら、競り勝てるチームになっていきたい」と抱負を話し、故郷での今季初開催を前に野里選手は「チームは今波に乗っているので5連勝を達成して昨シーズンよりもいい成績を目指したい」、橋本選手は「地元開催には熱い思いがある。チーム1ハッスルしたプレーで熱い応援に応えたい」とそれぞれ意気込みを力強く語った。

 田名部副市長は「今シーズンの八戸開催は8試合なので、8勝、全勝を期待している。今の好調を維持してさらに白星を積み重ねてもらいたい」と激励した。

 青森ワッツは、17日は18時、18日は14時から香川ファイブアローズと対戦する。

  • はてなブックマークに追加