見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

八戸で美崎栄一郎さんが著者10周年記念セミナー 「デザイン経営」テーマに

美崎栄一郎さん

美崎栄一郎さん

  •  
  •  

 商品開発コンサルタントの美崎栄一郎さんの著者デビュー10周年記念セミナー「世界一わかりやすくデザイン経営の話をしよう」が2月2日、南部会館(八戸市内丸3)で開かれる。

 美崎さんは1971(昭和46)年生まれ。大阪府立大学大学院工学研究科を卒業後、「花王」で商品開発のプロジェクトリーダーなどを務める。サラリーマン時代から「築地朝食会」などの交流会や勉強会を複数主宰。2009年に「『結果を出す人』はノートに何を書いているのか」で著者デビュー。同書はベストセラーとなり、2010年ビジネス書大賞で第1位に選ばれた。その後も本業の傍ら精力的に執筆活動を続け、近著には「面倒くさがりやの超整理術『先送り』しないための40のコツ」(総合法令出版)がある。

[広告]

 美崎さんは、仙台・盛岡・八戸・弘前など東北各地でセミナーの経験があるほか、2011年の東日本大震災の前日の3月10日にも八戸市でセミナーを開催。東日本大震災の後には自腹で大型バスを貸し切り「東北復興応援ツアー」を行うなど八戸市をはじめ東北地方にはゆかりが深い。

 記念セミナーにはデザイナー・アートディレクターで共に著者10周年となるウジトモコさんがゲストで参加。ウジさんは2008年に「視覚マーケティングのススメ」(アスカビジネス)で著者デビュー。近著には「生まれ変わるデザイン、持続と継続のためのブランド戦略」(ビー・エヌ・エヌ新社)がある。ウジさんも東日本大震災の後には「チャリティーミーティング」に参加したほか、八戸市の砕石場「八戸鉱山」(通称:八戸キャニオン)の植樹祭に参加するなど八戸市とゆかりが深い。

 記念セミナーでは美崎さん、ウジさんの講演のほか、2人のクロストークやデザイン経営のワークショップも行う予定。

 開催時間は16時~18時30分。参加費は3,000円。定員は先着30人。

  • はてなブックマークに追加