見る・遊ぶ

八戸で「YSアリーナ八戸」竣工記念音楽フェス 地元出身・北山陽一さんら出演

発表会見の様子

発表会見の様子

  •  
  •  

 屋内スケート場「YSアリーナ八戸」(八戸市売市)の竣(しゅん)工記念音楽フェス「WORLD HAPPINESS 2019 WITH HACHINOHE」が8月24日に行われることが4月9日、発表された。

 「YSアリーナ八戸」は国内3カ所目の屋内スケート場として2019年夏に開業予定。スケート競技や大会だけでなく、オフシーズンにはコンサートや展示会など各種イベントの活用を予定する。

[広告]

 「WORLD HAPPINESS」は2008年から2017年まで、東京・ベイエリアで開催されてきた野外音楽フェス。YMOをはじめソロや数多くのバンド、ユニットでも活動するアーティスト・高橋幸宏さんが第1回からキュレーターを務め、「優れた音楽のDNAを次世代につなぐ」ことをコンセプトに、日本のロックレジェンドから気鋭の若手アーティストまでが一堂に集まり、多くの支持を集めてきた。

 2018年は開催を見送っていたが、「南郷サマージャズフェスティバル」や「八食サマーフリーライブ」をはじめ多くの音楽イベントが開催され、アマチュアミュージシャンも多く音楽が広く根付いている八戸市の招致に応え、八戸で2年ぶりの復活を果たすこととなった。

 会見では第1弾出演アーティストとして高橋幸宏さん、槇原敬之さん、ゴスペラーズの3組の出演を発表。高橋さんと、ゴスペラーズのメンバーで八戸市出身の北山陽一さんとのトークセッションが行われた。追加アーティストは後日発表予定。

 高橋さんは「音楽のジャンルや新旧問わず、面白いことができたらと思う。八戸の方々は音楽に対する熱が高いと聴いているので盛り上がっていけるフェスにしたい」、北山さんは「この規模の音楽フェスが八戸であると30年前の自分に教えてあげたいぐらい。新しい扉を開くと思って会場に足を運んでいただければと思う」とそれぞれ話す。

 チケットは9日に先行販売がスタート。料金はアリーナ(エリア指定)9,000円、スタンド(座席指定)8,000円。チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、チケットGIPなどで取り扱う。

  • はてなブックマークに追加