天気予報

4

-2

みん経トピックス

八戸で創造的に工場学ぶ講座八戸で児童が詐欺防止訴え

青森・五戸町に「ハーレー」オーナー・キャンプイベント 全国から500台一堂に

青森・五戸町に「ハーレー」オーナー・キャンプイベント 全国から500台一堂に

来場を呼び掛ける戸草内勇一さん

写真を拡大 地図を拡大

 青森県五戸町の「小渡平公園」(五戸町倉石中)で7月29日、米オートバイメーカー「ハーレーダビッドソン」のオーナーが集まるキャンプイベント「第15回 Red Hot Camp」が開かれる。

 全国からライダーが参加し、クラシックハーレーから最新型まで約500台のバイクが一堂に集まる同イベント。

 ハーレー以外にも自転車や原動機付自転車で参加する人など、幅広い層が楽しむ。同イベント実行委員会会長の戸草内勇一さんによると、「バイク乗り=不良」というイメージを払拭(ふっしょく)したいとの思いからゴミ拾いなども積極的に行うなどマナーにも気をつけ、昨年は五戸町町長もゲストで参加した。

 当日は、ゲーム大会、バイク遅乗りレース、大人数腕立て伏せ、サクランボ種飛ばし大会などを行うほか、イベント限定Tシャツ、イベント限定ラベルの泉農場新郷醸造所長芋焼酎「郷の華」(720ミリリットル、1,700円)の販売も行う。

 戸草内さんは「今年の夏は暑いが、イベントを盛り上げたい。怖いイメージのあるハーレーオーナーだが、根は優しい人が多い。年に一度、全国から集まる仲間と再会するのが楽しみ」と話す。

開催時間は12時~21時。参加費は2,000円(宿泊費込み、バッジ付き)。

グローバルフォトニュース